輝くようなツヤと、しなやかさ『Hard(ハード)』

ヘアケアのきほんの『き』

ヘアケアで重要なのはシャンプーと以前の記事でも書いておりますので

まだご覧いただいていない方は一読ください

輝くようなツヤと、しなやかさ『Hard(ハード)』

ダメージが進み、乾燥した髪を補修するため、

コラーゲンやローヤルゼリーなど、

保水力に優れた天然成分を配合。

ツヤとなめらかさを取り戻し、

ハリとコシのある髪へと導きます。

 

鈴木的見解(@_@;)

 

しっとりしたい方毛量の多い方クセで広がりがちな方に!!!

『Soft(ソフト)』では物足りない方にもいいです。

自身昔ヘビーユーザーでした!!!

 

毎日正しいシャンプーの仕方

パルガヘアソープのはたらき

◇髪や頭皮を傷つけることなく、髪と頭皮(毛穴)の汚れをしっかり落とす

◇傷んだ髪に、洗いながら必要な栄養を与える

◇頭皮の血行を良くし、髪や頭皮を弱酸性に引き締めて健康な状態を保つ

Step1予洗い

ていねいに予洗いすることで、汚れの7割を落とすことができます。

髪と頭皮の汚れを落とすつもりで洗ってください

Step2シャンプー

シャンプーは2度洗いが基本。

1度目は1~3プッシュくらい手のひらにとって

髪につけ泡立て、根元から毛先に向かってやさしく洗い、

軽くすすぎます。

2度目も1~3プッシュ手のひらにとり、

今度は頭皮を中心に指の腹で汚れを揉みだすように

マッサージしながらしっかり洗い、

地肌を良くすすぎます。

ワンポイントアドバイス

洗浄成分がアミノ酸のため、髪のダメージが大きい場合に

最初は泡立ちにくく感じることがあります。

その場合は、しっかり予洗いをしたり、

使用量を増やしてください。

ダメージが補修されるにつれ、泡立ちがよくなります。

※詰め替えの際は、劣化しやすく」なりますので継ぎ足しはせず、

必ず容器を良く洗い、完全に乾かしてから詰め替えてください。

 

『Hard(ハード)』のほかにも下記の3種類あります

下記のリンクより詳しく見てください

□ふんわりした仕上がりへ『Soft(ソフト)』

□すっきり、サラサラの洗い上がり『Proto(プロト)』

□目指すは、プレミアムな美しさ『Endage(エンダージュ)』

 

まとめ

冒頭にも書きましたが

ヘアケアのきほんの『き』がシャンプーです!!!

髪が傷んだ=トリートメントも大事ですが

髪が傷んだ=シャンプーが『き』

ということを忘れないでください!!!



Pargaホームページはこちら

o0430033013106839505

The following two tabs change content below.
アバター
コンテストでの優勝を果たし、単身 LONDON へ渡り Vidal Sassoon academyでカットの技術、人間の顔や頭の骨格の勉強をしたのち、サロンワークで生かしながらコンテスト多数入賞、ステージワーク、ヘアカタログ掲載、外部活動・外部講師参加etc.また後輩指導にも力を入れる

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

コンテストでの優勝を果たし、単身 LONDON へ渡り Vidal Sassoon academyでカットの技術、人間の顔や頭の骨格の勉強をしたのち、サロンワークで生かしながらコンテスト多数入賞、ステージワーク、ヘアカタログ掲載、外部活動・外部講師参加etc.また後輩指導にも力を入れる

Category

Archive

ページ上部へ戻る